Menu

「のん」さん福井県訪問記!

2月のお披露目にむけ、いよいよ制作も佳境を迎えています。昨年、「のん」さんが福井県を訪問し、伝統工芸を制作している工房を訪ねました。

越前箪笥の工房を見学する「のん」さん

越前箪笥を制作している工房を見学する「のん」さん。箪笥にはとある仕掛けが施されており、熱心に説明を聞き入っていました。完成をお楽しみに。

杉本達治福井県知事が福井県の花「水仙」を持参して激励

杉本達治福井県知事が福井県の花「水仙」を持参して激励に駆け付けました。
伝統工芸品の魅力を知ってもらい、福井ファンになっていただきたいことや、「のん」さんの感性に職人の方々が刺激を受けて新しいモノが生まれることも期待されていました。

越前箪笥の伝統工芸士の方と一緒に熱した鋼を叩く作業を体験する様子

越前打刃物では、伝統工芸士の方と一緒に熱した鋼を叩く作業を実際に体験しました。熱しては打つを繰り返すことで、真っ直ぐで硬くよく切れる包丁になります。

越前焼の工房にある制作途中の器にも興味津々の「のん」さん

越前焼の工房内を見学する「のん」さん

陶器とは思えない薄さと軽さが特徴の越前焼。ミリ単位で、ろくろをひいて形をつくりあげる職人技に釘付けです。工房にある制作途中の器にも興味津々でした。

越前和紙の工房を見学する「のん」さん

イラストに適した越前和紙の技法を試行錯誤している職人の話をきく「のん」さん

越前和紙の工房を見学する「のん」さん

襖よりも大きいサイズの和紙を漉くことができる越前和紙。大きさだけでなく、多種多様な技法をもつことも越前和紙の特徴です。どの技法が今回のイラストに適しているのか、職人の方が試行錯誤している過程も教えていただきました。

越前漆器の工房内を見学する「のん」さん

越前漆器の絵付けを体験する「のん」さん

越前漆器の工房内を見学する「のん」さん

歴史の長い越前漆器。作業工程が分かれている漆器作りでは、絵付けの現場を見学しました。繊細な絵柄を表現する筆は、ねずみのヒゲから作られるものもあるそうです。「はじめて描くのに上手ですね」と職人の方が「のん」さんを褒めていました。

若狭塗の工房内を見学する「のん」さん

若狭塗の工房内を見学する「のん」さん

福井県は大きく2つに分かれており、北を嶺北、南を嶺南とよんでいます。嶺南で作られている若狭塗は、漆を何層にも塗り重ね削り出すことで複雑な模様をつくります。同じ漆器でも、越前漆器とは違った風合いに「想像していた作り方と違いました。」と感心する「のん」さん。

若狭めのう細工の工房内を見学する「のん」さん

若狭めのう細工の工房内を見学する「のん」さん

職人が減り、ひとりしか作ることができなくなった若狭めのう細工の工房へ。工房には古い工具や機械が並んでいました。原石から少しずつ削り、磨くことで輝きを出すめのう細工。完成を楽しみにしていました。

今回の訪問を終えて、「のん」さんは「実際に工房を見学できたことは、とても貴重な体験でした。制作過程を目の当たりにするだけで、刺激があり、作っている現場はどこも素敵な空間でした。イラストを描いているときには想像していなかった、丁寧な技が使われていたり、工芸品へ再現する過程など、職人技に感動しました。」と、語っていました。

2月の下旬にプロダクトはお披露目です。発表まであと少し、現在ラストスパート中です。ご期待ください!

トップページへ戻る